調査請負・調査支援
Menu

採用情報

カタログダウンロード

新着情報

イベント情報

リンク集

株式会社ジオシス

〒112-0012
東京都文京区大塚1-5-18 大伴ビル7F
地質調査業 質21第2500号
特定労働者派遣事業 特13-309646

TEL.03-5940-5951

お問い合わせ・資料請求

HOME » 調査請負・調査支援 » トンネル前方調査(SSRT)

トンネル前方調査(SSRT)

トンネル前方調査(SSRT)

特徴

  • 震源として油圧インパクタ、バイブレータ、発破が選択可能
  • 硬質岩盤、軟弱地盤や坑口部、低土被り区間での探査が可能
  • 切羽後方の探査結果と掘削実績を対比することで、切羽前方をより精度よく評価可能
  • 地山状況に応じた解析手法を用いて、多角的な地盤評価が可能

当社は、(株)フジタ殿と(株)地球科学総合研究所殿が開発したトンネル浅層反射法探査(SSRT: Shallow Seismic Reflection Survey for Tunnels)法を用いた、トンネル工事の際の切羽前方探査の現場作業とデータ処理・解析を行います。

油圧インパクタによるSSRT調査

油圧インパクタによるSSRT調査

ダイナマイトによるSSRT調査

ダイナマイトによるSSRT調査

  • ページの先頭へ