調査請負・調査支援
Menu

採用情報

カタログダウンロード

新着情報

イベント情報

リンク集

株式会社ジオシス

〒112-0012
東京都文京区大塚1-5-18 大伴ビル7F
地質調査業 質26第2500号
特定労働者派遣事業 特13-309646

TEL.03-5940-5951

お問い合わせ・資料請求

HOME » 調査請負・調査支援

調査請負・調査支援

反射・屈折法地震探査(陸上/海上)

反射・屈折法地震探査

詳細を見る

陸上では、有線テレメトリー探鉱機や独立型レコーダー、人工震源(バイブレータ、油圧インパクターなど)を用いて、土木分野や地震防災関連の反射法・屈折法地震探査を行います。海上では、反射法・屈折法地震探査および海底地震計の方位計測のための発振作業、海底地震計(OBS)の設置から回収などの海上調査を提供します。

地震観測

自然地震観測

詳細を見る

米国Geospace Technologies社の独立型レコーダGSRを使い、ケーブルレスの様々な探査を実現します。また、大学などの研究機関が実施する自然地震観測の支援業務も行います。

坑井内弾性波探査

坑井内弾性波探査

詳細を見る

英国Avalon Sciences社の坑内受振器ASR-1またはGSR-1を用いて、VSP(Vertical Seismic Profiling)やP/S速度検層などの能動的な弾性波探査や、サイスミックモニタリングの様な受動的な観測を石油掘削井や地震観測井で行います。

人工震源による発振

人工震源による発振

詳細を見る

バイブレータや油圧インパクターなどの人工震源を用いて、土木分野の物理探査や、地震防災調査に関わる発振作業を行います。

トンネル前方調査(SSRT)

トンネル前方探査(SSRT)

詳細を見る

(株)フジタと(株)地球科学総合研究所が共同で開発したSSRT(Shallow Seismic Reflection Survey for Tunnels)法を用いた、トンネル施工時の切羽前方探査の現場作業とデータ処理・解析を行います。

データ処理・解釈

データ処理・解釈

詳細を見る

(株)地球科学総合研究所のSuperX-Cや米国Parallel Geoscience社のSPWを使い反射法地震探査データ処理、米国IHS社のKingdomでデータ解釈を行います。また、自然地震の震源決定などの支援業務も行います。

  • ページの先頭へ